''

静岡県『富士の山ビエンナーレ2020』

静岡県にて各会場が4エリアに分かれて開催される『富士の山ビエンナーレ2020』に参加します。富士駅から徒歩4分ほどの旧三島屋酒店で冷蔵庫を利用したマスキングテープ壁画を製作します。

観覧は無料ですが各会場へのご入場にはカードプレートパスが必要です。《インフォメーションにて、お名前/ご住所/連絡先のご記入、マスク着用/検温のチェック後にお渡しします》

アーティスト:赤堀 里夏/荒木 由香里/飯田 竜太/市川 平/いらはら みつみ/大洲 大作/大野 公士/大輪 龍志/かうぉ a.k.a.すしじょじょ/小曽川 瑠那/衣 真一郎/ジェームズ・ジャック/ジェボーン・チャンドラ/清水 玲/中島 崇/羽山 まり子/ホガリー/ 松蔭 浩之/水谷 一/吉野祥太郎

——————————————————————————–

会 期: 2020年10月24日(土)~11月23日(祝) 土日祝日のみ

時 間: 10:00〜16:00

会 場: 静岡県 富士市 / 静岡市 / 富士宮市

主 催: 富士の山ビエンナーレ実行委員会

協 賛: みやしん地域振興協力基金 静岡県文化プログラム地域密着プログラム事業

H  P: http://fujinoyama-biennale.com/

Hogalee壁画『Steep』

会 場: 富士本町エリア 旧三島屋酒店

住 所: 〒416-0914 静岡県富士市本町8−3

http://fujinoyama-biennale.com/%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/#fujihoncho

——————————————————————————–

富士の国ビエンナーレ

千葉『アートラインかしわ2020』

千葉県柏駅周辺で開催されるアートイベントに参加します。2か所の壁画を担当しており、1つは柏高島屋で高校生たちとワークショップで制作したマスキングテープ壁画、もう一つは柏モディに単独制作のマスキングテープ壁画です。どちらも街中から鑑賞できます。

——————————————————————————–

会 期: 2020年10月8日(火)~11月8日(日)

会 場: JR常磐線・東武アーバンパークライン柏駅周辺(柏モディ、スカイプラザ柏、柏市民ギャラリー、柏二番街商店会、柏髙島屋など)を中心とした市内各所

主 催: JOBANアートラインかしわ実行委員会

共 催: 商店街振興組合 柏二番街商店会、 公益財団法人 摘水軒記念文化振興財団

協 賛: 一般社団法人 柏法人会、 柏商工会議所、 ハウディモール(柏駅前通り商店会振興組合)、 一般社団法人 千葉県宅地建物取引業協会東葛支部

後 援: 柏市、 柏市教育委員会、 JOBANアートライン協議会

協 力: 協同組合 柏駅東口中央商店街連合、 ART ROUND EAST、 株式会社星広告、 江戸川大学、 柏美術学院、 千葉県立我孫子高等学校美術部

H P : https://2020.kashiwa-art.com/

『かしわエアミュージアム 壁画プロジェクト ~CONTACT~』

日時: 10月8日(木)~11月8日(日)

場所: 柏髙島屋本館3階エントランス

料金: 無料

https://2020.kashiwa-art.com/47/

『かしわエアミュージアム 壁画プロジェクト ~CONNECT~』

日時: 10月8日(木)~11月8日(日)

場所: 柏モディ2階テラス

料金: 無料 ※2Fタリーズコーヒー店内から展示をご覧いただく際にはオーダーが必要になります。

https://2020.kashiwa-art.com/60/

——————————————————————————–

アートライン柏 2020

新潟『mt art project at SANJO “MONOZUKURI” SCHOOL』

新潟県にある三条ものづくり学校でのmtマスキングテープを使ったアートを集めた展覧会に参加します。今回はマスキングテープ直張りの壁画ではなく、パネル作品を2点展示します。

——————————————————————————–

展示期間: 2020年10月1日(木)~10月15日(木)

開催時間: 10:00~17:00

会場: 三条ものづくり学校

住所: 〒955-0844 新潟県三条市桜木町12-38

mt HP: https://www.masking-tape.jp/event/2020/06/mt-art-project-at-sanjyo-monozukuri-school.html

三条HP: https://sanjo-school.net/?p=19391

——————————————————————————–

三条ものづくり学校

『Emote-Girl × ARCHI HATCH』

『⼤丸有SDGs ACT5 × 東京ビエンナーレ2020/2021』8/21~9/6に丸の内 丸ビルの1F巨大ガラス⾯をラッピングした作品「Emote-Girl」を ARCHI HATCH代表 Yuta Tokunagaさんに空間スキャンした3Dバーシャルシステムを使用し鑑賞できるものを制作をしていただきました。6月に参加した『ソノ アイダ#COVID-19』グループ展と同じシステムで、リンク先の展示空間を自由に歩けますので是非覗いてみてください。

https://my.matterport.com/show/?m=86JagbR3Yxj&play=1&lang=en

——————————————————————————–

ARCHI HATCH by Yuta Tokunaga

Profile

世界初の建築模型に特化した「保存」X「展示」をコンセプトにした建築倉庫ミュージアムを生み出し、初代館長も務めた。現在は新旧の建築や美術展、パブリックアートなどの3Dアーカイブを手掛け、その作品を公開する「ARCHI-BANK」「ARCHI-CLE」という建築/美術などに特化したオープンソースプラットフォームを今年5月にロンチ。

https://archihatch.com/

またMatterportの撮影も2017年からの経験があり、国内外で撮影活動の傍ら数々のアートプロジェクトにも企画から3D制作などで参加。昨今では広島平和記念資料館の3D Portrait Museumを制作したFUTURE MEMORYやオンラインアートフェア、隈研吾建築を舞台にしたEZUMIIの3D Portrait Showなども手掛けている。そしてバンコクと東京を行き来しながら、アジア各地で建築ミュージアムの展示企画なども手掛けている。

Contact info@archihatch.com

©️ARCHI HATCH

『mt art project at USHIMADO TEPEMOK』

3月より延期を重ねていた牛窓テレモークでのmtマスキングテープを使ったアートを国内外から集めた展覧会が開催されます。Hogaleeは会場と送迎バスにテープアートが制作してありますので是非ご利用ください。

——————————————————————————–

展示期間: 2020年9月10日(木)~10月25日(日)

開催時間: 10:30~17:30

会場: 牛窓テレモーク

住所: 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4448

mt HP: https://www.masking-tape.jp/event/2020/06/mt-art-project-3.html

◎ファクトリーツアー期間中(9月12~27日)は倉敷駅前より、直行バスが1日1往復します。

Hogalee作品が描かれた大型バスになります。

運行期間:9月12日~9月27日

行き:倉敷駅前(みずほ銀行南西) 11時出発 ※10時30分から受付開始。10時45分ぐらいまでにはご集合ください。

帰り:牛窓テレモーク発 14時30分出発

乗車料金:往復1,000円、小学生以下は500円

——————————————————————————–

牛窓テレモーク

箱根『mt art project at THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM』

マスキングテープを使ったアーティストを国内外から集めた展覧会が彫刻の森美術館にて開催されます。屋外彫刻が魅力の美術館ですが屋内マスキングテープ壁画を制作します。

参加アーティスト: Carlo Galli、KlebeBande、TAPE THAT、淺井裕介、Hogaleeなど(敬称略)

※同時期に3つの展示が重なっています。そちらも是非!

・『⼤丸有SDGs ACT5 × 東京ビエンナーレ2020/2021』丸ビル 丸の内 8/21〜9/6
・『reproduction of HOMMAGE SGHK 2019』Sansiao Gallery 日本橋 8/22〜9/11
・『mt art project at THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM』彫刻の森美術館 箱根 8/25〜10/11

——————————————————————————–

展示期間: 2020年 8月25日(火)~10月11日(日)

開催時間: 9:00~17:00

開催会場: 箱根 彫刻の森美術館

住所: 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121

mt HP: https://www.masking-tape.jp/sp/event/2020/06/mt-art-project-at-the-hakone-open-air-museum.html

※ご入場には箱根 彫刻の森美術館への入館料が必要となります。料金などは下記よりご確認ください。

https://hakone-oam.or.jp/about/?id=2

——————————————————————————–

日本橋『reproduction of HOMMAGE SGHK 2019』グループ展

Sansiao Galleryにて“2o2oAppropriation”グループ展と同時開催される「reproduction of HOMMAGE SGHK 2019」に参加します。
昨年末に、香港のSansiao Gallery HKで開催された「HOMMAGE」展の日本人作家の作品による展覧会の一部再現の展示です。Hogaleeはロイ・リキテンスタインの「Foot Medication poster(1963)」をオマージュして架空の上画面をキャンバス作品で製作してます。

参加アーティスト: 岩岡純子 x SARAH CHARLESWORTH、金田涼子 x ANDO HIROSHIGE、松島佳世 x GEORGES BRAQUE、HOGALEE x ROY LICHTENSTEIN、久村 卓 x CHRISTO

※同時期に3つの展示が重なっています。そちらも是非!

・『⼤丸有SDGs ACT5 × 東京ビエンナーレ2020/2021』丸ビル 丸の内 8/21〜9/6
・『reproduction of HOMMAGE SGHK 2019』Sansiao Gallery 日本橋 8/22〜9/11
・『mt art project at THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM』彫刻の森美術館 箱根 8/25〜10/11

——————————————————————————–

展示期間: 2020年8月22日(土)〜 9月11日(金)

開廊時間: 火曜日-土曜日 12:00-19:00

休廊日 :  日曜日・月曜日・祝日

展示会場: Sansiao gallery

住所: 東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F

TEL :  (0)3-3275-1008

HP: http://sansiao-gallery.com/

※オープニングレセプションは開催しません

——————————————————————————–

HOMMAGE

丸の内『⼤丸有SDGs ACT5 × 東京ビエンナーレ2020/2021』

東京ビエンナーレ作品の第2弾として丸ビルの1F巨大ガラス⾯をラッピングします。
こちらは第1弾の常設壁画と違い展示期間がありますので、ぜひ期間内に足を運んでみてください。

参加アーティスト: 栗原良彰「⼤きい⼈」、Hogalee「Emote-Girl」、廣瀬智央「フォレストボール」

※同時期に3つの展示が重なっています。そちらも是非!

・『⼤丸有SDGs ACT5 × 東京ビエンナーレ2020/2021』丸ビル 丸の内 8/21〜9/6
・『reproduction of HOMMAGE SGHK 2019』Sansiao Gallery 日本橋 8/22〜9/11
・『mt art project at THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM』彫刻の森美術館 箱根 8/25〜10/11

——————————————————————————–

会期: 2020年8⽉21⽇(⾦)〜9⽉6⽇(⽇)

時間: 10:00-23:00

会場: 丸ビル1F マルキューブ

住所: 東京都千代⽥区丸の内2-4-1

主催: ⼤丸有SDGs ACT5実⾏委員会

共催: ⼀般社団法⼈東京ビエンナーレ

協⼒: 特定⾮営利活動法⼈⼤丸有エリアマネジメント協会、 ⼀般社団法⼈⼤⼿町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会

プレスリリース: https://tb2020.jp/w/wp-content/uploads/2020/08/20200817_act5.pdf

——————————————————————————–

marunouchi
bienare2020-2021

ソノ アイダ#COVID-19

つかの間の空間をメディアとして活用するアートプロジェクト『ソノ アイダ』のグループ展に参加します。
コロナ禍の外出自粛に伴い、ウェブサイト上のみの展覧会で実際の作品展示を空間スキャンした3Dバーシャルシステムを使用し鑑賞します。
リンク先にて展示空間を歩いてみてください。

会期:2020年5月24日〜コロナ禍の収束まで
会場:ソノ アイダ WEBSITE
入場:無料
作家:相澤安嗣志 / 阿部亮太郎 / 戸田沙也加 / 藤崎了一 / 藤元明 / Hogalee
協力:ARCHI HATCH (代表 Yuta Tokunaga)/ 阿部亮太郎アトリエ / 今村圭佑

ソノ アイダ

https://sonoaida.jp/

ソノアイダ01
top

『東京ビエンナーレ2020/2021』

2020年の今年に開催予定だった東京ビエンナーレが来年までの長い開催時期と形を変えて新たに『東京ビエンナーレ2020/2021』となり、ソーシャルダイブアートプロジェクトで参加します。
神保町、神田小川町のビルに常設壁画を描かせてもらいました。
自身の中では最大級のミューラル、屋外のため密を気にせずにいつでも鑑賞できます。

《Landmark Art Girl》
Silicone paint on Wall
11m×9m
2020
宝ビル常設壁画
場所:東京都千代田区神田小川町1-6-1 神田小川町宝ビル壁面
協賛:株式会社ビルテック、日本ペイント株式会社

東京ビエンナーレ2020/2021

https://tb2020.jp/

girl01
100593676_2960302337378616_4829766083848175616_n

イベント中止のお知らせ:『mt art project at 3331 ARTS CHIYODA in TOKYO』

延期が続いていた『mt art project at 3331 ARTS CHIYODA in TOKYO』が中止となりました。

鑑賞者が不在のまま作品は消えてしまいますがmtさんが映像やサイトを作ってくれたので、そちらでこのイベントを楽しんでいただけたら幸いです。

https://www.masking-tape.jp/art-project/

Hogalee

こちらは新規で制作したHogaleeオリジナルマスキングテープです。公式での販売が急遽決まりました。

段々に重ね貼りしていくと全身像が現れます。

https://shop.masking-tape.jp/products/detail.php?product_id=108405

03281417_5e7edde07d056

会期延期のお知らせ:『mt art project VOL.1』

今週開催予定の『mt art project at 3331 ARTS CHIYODA in TOKYO』ですが延期になりました。現状では5月頃になるようですので、詳細はまた告知します。

併せて、『mt art project at 牛窓テレモーク』の方は秋頃になるそうです。こちらも追って告知します。ご迷惑おかけして申し訳ありません。

mt HP: https://www.masking-tape.jp/news/2020/04/mt-art-project-at-3331-arts-chiyodamtjournal.html

『mt art project VOL.1』

会期の前後がずれましたがmtマスキングテープのアートイベン2つに参加します。

東京の3331ではメイン会場の一角の壁に。岡山県牛窓の方では会場のほか送迎バスにもmtをふんだんに使いマスキングテープ壁画を制作しています。

※下記イベントは会期延期になりました。

——————————————————————————–

『mt art project at 牛窓テレモーク』

マスキングテープを使ったアートを国内外から集めた展覧会。参加する2つのmtイベントの個別詳細です。

延期して4月から始まる岡山では、会場と送迎バスにテープアートが制作してあります。

展示期間: 4月1日(水)~5月20日(水)※秋頃開催予定。確定次第告知いたします。

時間: 11:00~18:00

会場: 牛窓テレモーク

住所 : 〒701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4448

mt HP: https://www.masking-tape.jp/event/2020/03/mt-art-project-2.html


3331_DM_ご確認
バス
——————————————————————————–

『mt art project at 3331 ARTS CHIYODA in TOKYO』

マスキングテープを使ったアートを国内外から集めた展覧会。参加する2つのmtイベントの個別詳細です。

来週より東京では、メインギャラリーの壁15mにマスキングテープアートを制作してます。会場の3331入口脇の展示BOXには過去の小作品も販売してますので併せてご覧ください。

展示期間: 3月29日(日)~4月9日(木) ※5月頃開催予定。確定次第告知いたします。

時間: 10:00~19:00

会場: 3331 ARTS CHIYODA メインギャラリー

住所 : 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11−14

mt HP: https://www.masking-tape.jp/event/2020/03/mt-art-project-at-3331-arts-chiyoda-in-tokyo.html


3331_DM_ご確認
——————————————————————————–

香港『HOMMAGE』グループ展

11/14よりHong KongにあるSansiao gallery HKにてグループ展「HOMMAGE」に参加します。
日本と香港の各作家が選んだ歴代作家の作品をオマージュし同時展示販売します。
Hogaleeはロイ・リキテンスタインの「Foot Medication poster(1963)」を選び新規制作しました。
香港に行かれる際には是非、足を運んでみてください。

——————————————————————————–

タイトル:  HOMMAGE

展示期間:  2019年11月14日(木)- 12月20日(金)

開廊時間:  11:00 – 19:00(月〜金曜日)

休廊日 :  土・日・祝

展示会場 : Sansiao gallery HK(SGHK)

住所 : Room 104-5 Wilson House, 19-27 Wyndham Street, Central, Hong Kong

TEL :  +852-2586-1018

HP:  http://sansiao-gallery.com/sansiao-gallery-hk/

※レセプション:11月14日(木)18:00-20:00

香港アートギャラリーアソシエーションリンク(マップ有り)

http://www.hk-aga.org/?post_type=tribe_events&p=39226&preview=true

HOMMAGE

14 November – 20 December 2019
Sansiao gallery is pleased to announce “HOMMAGE”, a group exhibition of artists from Hong Kong and Japan.

Ryoko Kaneta x ANDO HIROSHIGE
Kayo Matsushima x GEORGES BRAQUE
Stephanie Sin x ANDY WARHOL
Timothy Zauhou x MASARU SHICHINOHE
Damon Tong x MARY ELLEN JOHNSON
Otto Li x VITO ACCONCI
Hogalee x ROY LICHTENSTEIN
Sumiko Iwaoka x SARAH CHARLESWORTH
Taku Hisamura x CHRISTO

Opening Reception : Thursday, 14 November 6-8 pm

Room 104-5 Wilson House, 19-27 Wyndham Street, Central, Hong Kong
Tel: +852-2586-1018

Open Monday – Friday 11:00-19:00
Closed on Saturdays, Sundays and National Holidays

——————————————————————————–
HOMMAGE_01

【有明】『第46回 東京モーターショー2019』アートワーク展示

事後報告となりますがTMS2019にアートワークの展示をさせてもらいました。
設置場所は「TFTビル東館セブンイレブン前」ここは各会場をつなげるOPEN ROADのビッグサイト側の無料エリア。
公式テーマのOPEN FUTUREをコンセプトに5m×2.4mのアクリルペイントパネルを制作。
クルマを見る合間の往来する多くの人の目に触れたことに感謝いたします。

——————————————————————————–

設置場所: TFTビル東館セブンイレブン前

無料エリア

会期: 2019年10月24日(木) – 11月4日(月・祝)

https://www.tokyo-motorshow.com/

——————————————————————————–
TMS2019

【南箱根】バイク専用道の駅「バイカーズパラダイス」に常設壁画コミッションワーク

8月6日にグランドオープンしたターンパイクと湯河原パークウェイ出口にあるバイカーの為の施設。
久しぶりにmashcomixメンバーの2人で壁面を担当、Hogaleeは店舗内の仕切り壁と女子トイレの壁に制作してます。
ツーリング先の休憩所に是非!カフェやレンタルバイクで楽しめます!

——————————————————————————–

バイカーズパラダイス南箱根

住所: 静岡県田方郡函南町桑原1348-2

営業時間: 平日9:00~18:00/土日祝7:00~18:00※冬季~17:00

入場料: 2輪 500円/4輪 2000円

https://www.bipa.jp/

——————————————————————————–
BP_01
BP_02

Hogalee個展『Masking / Fixing』

sprout

秋葉原、末広町アーツ千代田3331内にあるGallery OUT of PLACE TOKIOにおいて五度目となる個展を開催します。
キャンバス絵画と壁画、ペイントとマスキングテープ、分けて制作してきた2つの手法を混合してみせる展示です。是非、お越しください。

——————————————————————————–

展示期間:  2019年5月31日(金)- 6月30日(日)

開廊時間:  12:00 – 19:00(木 – 日曜日)

休廊日 :  月・火・水曜日

展示会場 : Gallery OUT of PLACE TOKIO

住所 : 101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14 – 3331 Arts Chiyoda 207号

TEL :  03-6803-0248

access : http://www.outofplace.jp/access/

※レセプション:6月8日(土)18:00-19:30 ※入場無料 作家が在廊いたします。

Exhibition period : 31st May.(fri.)- 30th Jun.(sun.), 2019
Open : thu. – sun. 12:00 – 19:00 ※Closed : mon. tue. wed.
Venue : Gallery OUT of PLACE TOKIO
〒101-0021
3331 Arts Chiyoda #207
6-11-14 Sotokanda Chiyoda-ku, Tokyo JAPAN

※ Reception Party : 18:00 – 20:00 on 8th Jun., 2019
The artist will be present. Admission free.

——————————————————————————–

Artist statement

黒いマスキングテープ自体を描画ツールとしてキャンバスの上にオンナノコを描き、そのマステを剥がせば地の支持体だけが残る。
これは以前より制作してきた展示空間の原状回復をコンセプトにしたマステ壁画の手法である。
同じマスキングのタブロー作品を2つ制作し、一方をテープの上から一面ペイントする。テープを剥がした後、マスクによって保護されていた部分が地の色のオンナノコとして現れる。
これらのプロセスの違う同じ絵柄を対で展示することでメディアの転換、レイヤー構造が明確になり、
原状回復をテーマに扱ってきた期間限定で可逆的なマスキングテープ作品が、恒久的に定着されたものに変換される。
それは固定された場所から解放され、移動可能という自由を獲得することを意味する。
今回もう一つ試そうとしているのは、一人のオンナノコの図像をあえてトリミングし顔を積極的に描かない構図や部分の抜粋をしている点である。
オンナノコの図像はイコン性を剥奪され、究極的には線の集合でしかない画面になっていく。そこにもう一つのMasking/Fixingのテーマを忍ばせている。
文・Hogalee

The black masking tape itself draws a Girl as a drawing tool on the canvas, and when the masking tape is peeled off, only the plain support remains.
This is the masking tape mural technique based on the concept of restitution of the space that I have previously produced.
Creating two tableau works with the same masking tape, I paint the entire surface of only one tableau. After peeling off the tape, the part protected by the mask appears as a Girl of different color.
By showing the same pattern different in these processes in pairs, the transformation of the media and the layer structure become clear.
For a limited period, reversible masking tape works that have dealt with restitution are transformed into permanent ones.
It means releasing from a fixed place and gaining freedom “transportable”.
Another thing I’m going to try this time is that I dare to trim the image of a Girl and excerpt a composition or part without drawing the face.
The image of Girl is stripped of the iconic property, and eventually it becomes a surface of canvas that is only a set of lines. There is another Masking / Fixing theme there.
Text by Hogalee

西麻布『大泉工場 – Sprout! vol.4』マスキングテープ壁画

sprout

西麻布交差点にある、お茶を発酵させたKOMBUCHAを提供している大泉工場ショップ内壁面に新作マスキングテープ壁画を制作しました。
昨年度『Snapshot』展にて制作したポスターとの連作となっており、店舗にてポスター販売しております。
お近くにお越しの際には、是非、不思議な美味しさのKOMBUCHAとあわせてくつろぎに来てください。

——————————————————————————–

開催期間:  2018年10月01日(月)- 11月11日(日)

営業時間:  08:00~22:00

定休日 :  年中無休・夏季休業・冬季休業有り

場所 : 大泉工場NISHIAZABU

住所 : 〒106-0031 東京都港区西麻布2-13-13

TEL :  03-6427-4749

リンク : http://oks-nishiazabu.com/

——————————————————————————–

五反田 SoyLatte STUDIO 壁画公開

SoyLatteSTUDIO

舞台、演劇などを手掛けるSoyMilkさんが運営する「SoyLatte STUDIO」のビル外壁にウォールアートを描かせてもらいました。
かなり大きく目立つ常設壁画です。
目の前にはコインパーキングがあり鑑賞にひきがとれるロケーション。
五反田駅より徒歩数分ですので、お近くにお越しの際にでも是非。

SoyLatte STUDIO
東京都品川区西五反田2-17-8 菅野ビル 外壁

soylatte-studio.net

Hogalee が銀座ロフトにて開催される「セルバレイ ブルーノ バー」にて公開制作を実施します

Hogalee が銀座ロフトにて開催される「セルバレイ ブルーノ バー」にてマスキングテープアートライブを開催します。
ブルーノ・マーズの来日に先立って期間限定でオープンするコンセプトバー「セルバレイ ブルーノ バー」のバーカウンター横の壁面 3m x 6m にブルーノ・マーズをイメージしたマスキングテープの作品を制作します。
期間中12月11日から15日までの5日間は現地で公開制作をしています。
是非ご来場ください。

——————————————————————————–

開催期間:  2017年12月11日(月)- 12月25日(月)

会場 : 銀座ロフト4階 ホームソリューション キッチンスタジオ

住所 : 〒104-0061 東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルピア館

協賛 :  mt masking tape(カモヰ加工紙㈱)

リンク : 銀座ロフト

——————————————————————————–

Hogalee個展『Snapshot』

TRANS ARTS TOKYO 2017

女性、特に都心を中心として生活する「オンナノコ」は、男性にはない感度で現代社会を映し適応して来た。そして、その記録はプライベート写真として、様々な人によってSNSに投稿、公開されている。プライベート写真は個人の思い出の記録であったが、70年代にプライベートを題材とした写真作品が評価され、90年代にはファッション広告として取り入れらるようになる。広告キャンペーンとして若者が集う場所や通りに貼り出され、その新たな魅力にポスターを盗む者も現れた。そして、ストリートカルチャーの成熟と歩みを共にしながら、現在SNSで公開されている写真の流れに影響を与えている。

「Snapshot」展は、そのような「オンナノコ」を現代の鏡として、数多くのオンナノコをポップかつシンプルな線で描いて来たHogaleeにとって、より現代に焦点を当てたものとなっている。

メインとなる作品は今までの平面的な表現に写真のテイストを加えて描くことによって空間の矛盾を生み出し、プライベート写真を彷彿とさせるビジュアルとなっている。本展では、それをプリントアウトしたポスタージャック、マスキングテープを利用した壁画の要素を取り込むことで、内と外の境界線を曖昧にし、空間に囚われない広がりを意識した作品群を展示する。この機会に新たに展開されるHogaleeの表現を是非ご高覧ください。

——————————————————————————–

会期 :  2017年12月2日(土)-12月23日(土)

時間 : 11:00~17:00

閉廊日 : 日曜


オープニングレセプション : 12/2(土)18:00~20:00

場所 : Gallery HIROUMI

住所 : 東京都荒川区南千住6-25-13

HP : http://www.galleryhiroumi.com/

——————————————————————————–

アートイベント『TRANS ARTS TOKYO 2017』

TRANS ARTS TOKYO 2017

参加3年目となる神保町、神田エリアのアートイベントTATに今年も参加します。
例年と同じ場所「セラミックビル」の屋外壁面に新作ダンボール経年劣化シリーズ作品を展示します。
もう一箇所、クリエイティブ・オフィス「司3331」外壁には昨年からの継続展示中の作品もあります。

http://kanda-tat.com/

五十一八クリエイティブ・プロジェクト【五十一八コレクティブ】
http://kanda-tat.com/artist/hogalee/

——————————————————————————–

新作

会場 : 東京都千代田区神田錦町3-16 セラミックビル屋外壁面

日程 : 10月13日(金)〜10月29日(日)


時間 : 屋外展示のため終日鑑賞可能


鑑賞料 : 無料

——————————————————————————–

会場 : 東京都千代田区神田司町2-19 司3331


日程 : 10月13日(金)〜10月29日(日)


時間 : 屋外展示のため終日鑑賞可能


鑑賞料 : 無料

——————————————————————————–

『せかいをうつす』藤沢市アートスペース企画グループ展

FAS_flyer

湘南、辻堂駅最寄にある藤沢市営のアートスペース(FAS)にてグループ展に参加します。
今回は、巨大マスキングテープ壁画(オンナノコの黒い線がマスキングテープを貼って描かれている壁画)をメインに、過去作(キャンバス作品)を数点を展示します。
壁画の公開制作期間中は制作過程をご覧になれます。
オープニングトークとワークショップもありますので、ぜひお越しください。

——————————————————————————–

会期 : 2017年7月8日(土)~2017年8月20日(日)

※Hogalee公開制作予定日 : 6月27日(火)~7月4日(火)※7/3は休館日のため非公開

※オープニングトーク : アーティストとFAS職員によるギャラリートーク 

 07月08日(土)14:00-15:00

※Hogaleeワークショップ : 「マスキングテープで巨大壁画を貼(えが)く」 

 08月05日(土)14:00-15:30

開館時間 : 10:00 – 19:00(入場は閉館の15分前まで)

休館日 : 月曜日(ただし7月17日(月・祝)は開館、翌18日(火)が休館)

参加作家 : 磯野泰治/井村一巴/Hogalee

観覧料 : 無料

展示会場 : 藤沢市アートスペース(藤沢市生涯学習部文化芸術課)

神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-2 ココテラス湘南6階

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bunka/FAS/exhibition/ex009/

TEL:0466-30-1816

主催:藤沢市、藤沢市教育委員会

——————————————————————————–

藤沢市アートスペースでは、2015年の開館以来、藤沢市や湘南地域にゆかりのある若手アーティストの存在や動向を紹介する展覧会を企画してきました。6回目となる本展では、「せかいをうつす」と題し、“せかい”を様々な切り口から解釈し、それぞれの表現技法やメディアを駆使した創作活動をとおして、我々の世界観に新たな気付きをもたらすアーティストを紹介します。

“せかい”という言葉が持つ意味や認識は人それぞれでしょう。グローバルなスケールで地球上のあらゆる地域や国家を連想したり、一方で自分自身が生活している環境や世間といったローカルなコミュニティを連想したりすることもあるでしょう。また、職業、専門分野、世代など、同類の集まりといった特定の活動範囲や領域などを意識したりするかもしれません。我々が“せかい”と認識できるものは、多種多様です。

これまでの歴史を振り返る時、我々は“せかい”が時代とともに変化していることに気付きます。領土の境界は絶え間無く移動し、そこに暮らす人々が所属する社会の常識や価値観、倫理、道徳、法体系など、行動を規定するあらゆる基準がこれまで一定であったことはありません。そのような世界の変化に身を置き、機微をも敏感に感じ取ることで、古今東西のアーティストたちは新たな表現や思想を創造してきました。

本展では、3名の参加アーティストが、世界に溢れている多様な“せかい”といかに向き合い、それらをどのように捉えてきたかを紹介するとともに、それぞれのアーティストたちが今日の“せかい”をうつした新作を制作し発表します。

——————————————————————————–

Hogalee個展『 Carpe diem / カルペ・ディエム 』

main_img

秋葉原、末広町アーツ千代田3331内にあるGallery OUT of PLACE TOKIOにおいて四度目となる個展を開催します。
過去の個展からの流れを発展させた展示になると思います。是非、お越しください。

——————————————————————————–

展示期間 : 2017年5月26日(金)- 2017年6月25日(日)

開廊時間 : 12:00 – 19:00(木 – 日曜日)

休廊日 : 月・火・水曜日

展示会場 : Gallery OUT of PLACE TOKIO

東京都千代田区外神田6丁目11-14 – 3331 Arts Chiyoda #207

http://www.outofplace.jp/tokio/

※レセプション:5月27日(土)18 :00 – 20:00 作家が在廊します。

——————————————————————————–

この度 Gallery OUT of PLACE TOKIO では、Hogaleeによる個展「Carpe diem / カルペ・ディエム」を開催いたします。

タイトルの「Carpe diem」は「その日を摘め」と訳されるラテン語で、享楽的な死生観を表わし、「memento mori / 死を想え」とも対比的に使われます。
Hogaleeは2013年の個展「剽窃 / plagiarism」以降、オリジナルとコピー、トレース、またはオマージュやパロディと云った問題を作品制作の主題に絵画や壁画作品を発表してきました。

今回の展覧会では、剽窃の対象をあるアーティストや一つのアートムーブメントではなく、先人が打ち建ててきたコンテンポラリーアートの構造や仕組みそのものに定めながら、現代社会のアイコンとも云える「オンナノコ」を、作家自身の持ち味である太い線(ライン)で描いた(しかも今回はモノクロームの)作品群を発表します。
死生観:「Carpe diem」をタイトルに掲げることによって、これまでの数多くの先人達を一足飛びに追い越そうとする意欲的な新作を、この機会に是非ご高覧ください。

* 3331 ART FAIR Prime Pick 教室エリアに参加しています。

ART FAIR 開催期間 5月19日(金)20日(土)21日(日)に合わせて本展の作品の一部を先行公開いたします。期間中の開廊時間は 3331 ART FAIR に準じます。

http://artfair.3331.jp/2017/pp/

——————————————————————————–

26th May (Fri.) – 25th Jun. (Sun.), 2017
Open:thu. – sun. 12:00-19:00
Closed : mon. tue. wed.
Reception party : 18:00 – 20:00 on 27th May.,2017 The artist will be present. Free admission.
Gallery OUT of PLACE TOKIO
http://www.outofplace.jp/tokio/

Gallery OUT of PLACE TOKIO is pleased to present the solo-exhibition of Hogalee’ s work titled, “Carpe diem.”
The title phrase, “Carpe diem,” can be translated from Latin as “seize the day.
” It has also been used as an expression of pleasure-seeking in view of death/life, and by contrast, as what we call a “momento mori” or death knell.
Following his solo-exhibition in 2013 titled, “plagiarism,” Hogalee has taken up issues surrounding originals and copies, tracing, as well as homage and parody, as subjects for his paintings and murals.
For this exhibition, rather than artists and art movements subject to plagiarism, he frames structures and formations of contemporary art put in place by our forerunners to position the “Tokyo girl” largely considered an icon of today’ s society.
Here we present Hogalee’ s works rendered by his trademark thickness of line, and this time, as monochromatic images.
A view of life/death — in placing a title of “Carpe diem,” we invite you to witness the desire in these newest works to take a leap past our forerunners.

——————————————————————————–